直感には理由がある。 直感は体系化できる。 日々、意識的に内在する感性と向き合うための記録としてのBLOGであり、僕という一人の個性のアーカイブである。